看護師の給与・年収

イメージ

転職を考えるうえで重要なのが、やはりお給料の面、収入・年収でしょう。

結論から言えば、看護師は年齢と経験を重ねると、お給料は上がる傾向にあるようです。

もらえるお給料は、正看護師と準看看護師で違いますし、当然、年収も差があります。
勤務する病院や施設、地域はもちろんですが、看護師さんの経験やスキルなどによっても違います。
それだけではなく、夜勤の有無、雇用形態や職種によっても違いは出ますから、一概に「この雇用形態でこの職種だといくら」ということは言えません。

また、上記のような理由から、同年代の看護師さんであっても、年収に差が出ることは決して珍しいことではないでしょう。

看護師さんのお給料を調べてみると、30代の正看護師さん平均支給額は、25~30万円前後、平均年収は、ボーナス込みで450万円前後となる事が多いようです。
また、50代のベテラン正看護師さんで見てみると、平均支給額は35~40万前後、平均年収はボーナス込み500万円前後であることが多いようです。

一般の女性事務職の方と比べると、お給料はやや高めと言えるでしょう。
ですが、病棟勤務の看護師さんで考えると、ずっと立ちっぱなしのルーティンワークや、夜勤がありますから、生活が不規則になりがちです。
その他にも患者さんの苦情対応、精神面のフォロー、ご家族への対応などを行いますから、精神的にもきつい仕事です。

このお給料を高いか安いかというのは、非常に難しい問題といえそうです。

看護師の資格を持っているメリットは、やはり「手に職」ということかと思います。
結婚や出産を機に退職したとしても、再就職がしやすいそうです。

最近では、病院での看護職以外にも介護施設などでの需要も増えています。
病院勤務と比べると、お給料は下がる事もありますが、ご自身に合った働き方も含めて、検討をしてみてください。

公式サイトはこちら